旅は人を成長させる


いまトルコの旅の中にいます。

長期の旅の場合、僕は一人の時間、昼寝の時間を一時間でも、しっかり取るようにしています。
旅先では、とても疲れるからです。

なぜ疲れるかというと、多くの印象が身体内に入ってくるからです。
これを消化するのに大きなエネルギーを使うのです。

なぜエネルギーを使うのかというと、身体内で体系の組み替えが起きているからです。
たとえば、歴史学や考古学では、遺跡で一つの意外な発見、発掘物があったために歴史認識全体を組み替えなければいけなくなることがあります。

それと同様のことが人の精神の中でもいつも起きています。
旅先では、毎日強い印象を与えられるものに出会って、激しく組み替えが起きます。
それを消化するのに睡眠や休息が必要なのです。

このことを理解しているかどうかで、起きることが全然違います。

人の性質について最も誤った考えは、人の肉体だけでなく精神も十代、二十代でおよそ成長をやめる、ということです。
これは思い込みに過ぎないのです。
誰も証明していません。

精神の要素はいつも組み替えられています。
これは成長の要素です。
世間の人は、大人になってからの人生は、ただ体験や知識の足し算だと思っているのです。
珍しい遺跡を見た。解説を聞いて歴史を知った。写真を撮った。
そんな外側で起きることだけを計算に入れます。

つまり自分自身は金太郎飴のように変わらず、外の知識だけが増える、というイメージを描いているのです。
これはもったいないことです。

このようなイメージを持つかぎり、組み替えは最小限しか起きないからです。

僕はむしろ身体内に取り入れて違和感を持つような印象や存在をピックアップしていきます。
それは景色であったり、路傍の石の形であったり、人々や動物の姿や雰囲気だったりします。
頭で考えるのではなく、そういう印象そのものが自動的に消化されていきます。

住居である東京にいても、同様のことは起きますが、旅先では爆発的に量が増えます。
メンタルが弱い人が行動力を失ってしまうのは、この印象の消化能力が弱っているからです。

人は何歳になっても成長するということを知ってください。
一つの印象、一つの知識が入ってきたときに、きちんと組み替え行っていくと、本当にいつまでも成長する活力が湧いてくるのです。

僕は五十九歳になりますが、いろいろな人に「僕はまだ成長している」と言ってみることにしています。

ところがこれには全く反応がありません。
「それはすばらしい」と言った人いません。
冗談として笑った人もいません。
「そんなわけないだろう」と口に出して否定した人もいません。
今までのところ100パーセントスルーです。
このことについて意見交換できなくて、たいへんさびしいです。

つまり、「人は何歳になっても成長する」という概念自体が多くの人にとっては異物なのです。
それを仮定としてでも受け入れると、自分が無意識で受け入れている考え方の体系を組み替えなければいけなくなる。
成長を否定する精神は、今ある枠組みを使っていくだけで、組み替えはしないのです。
つまり、まともに検討するだけでもしんどいので、無意識で否定して、そのエネルギーを自動的にカットしているのです。

筋肉は負荷をかけることによって発達しますね。
精神も同様なのですが、自動的な省エネモードに入ってしまうと、楽な代わりに発達もしません。

捉え方一つであらゆる体験が自分自身の成長の糧となるエネルギーになるのにもったいないことです。

旅先で疲れるのを移動の疲れとか、時差ボケだとか、食べ物が合わないだとかと捉えるのはつまらないことです。
そう捉えると、旅先で具合が悪くなったときになかなか回復しません。
「あ、成長してる」と思って身体を休めることです。

新しい印象はあなたに成長を促しているのです。
それを素直に受け入れずに、無意識に抑圧してしまうと、それが身体の不調となって現れるのです。

(旅先で夜中にこんなことを書いているのも消化活動の一つ♪)

旅は人を成長させる” への2件のコメント

  1. せきさん、素晴しい理解です。

    人の存在の多層性が自動的に連動せず、それぞれの層において発展変化する。
    人がそれを意識的に制御できる。
    そのことを人の「自由」と呼んでください。

    この人の自由性を最適化する社会構造(芸術、医学、哲学、政治、経済、教育、体育、法律、建築……あらゆる分野で)の設計図を作り出すことがSBA(もうすぐシンクローム)の仕事です。

    SBAの施術は、人のエネルギー層にピンポイントで異物を干渉させることです。
    この干渉に反応して、エネルギー層が動き出します。
    多層化された身体を具体的に理解できるのです。

    せきさんも、ぜひ人の自由を実現する社会について考えを進めてください。

  2. これは全くそのとおりですね。
    ヒトは、物質・エネルギー・情報のトリニティです。
    しかも、刺激に対して内的に反応するだけでなく、他の個体とも作用し合いネットワークを形成します。
    実際、細胞もそれぞれ一定のサイクルで入れ替わりますし、エネルギーの入出力はそれより早く、情報に至っては瞬時に変化します。
    これらの次元と位相の差異をひとまとめにしている塊として、ヒトがあります。そう、何一つ固定化されたり止まったりするものはないのだと思います。
    歩きながらなので、ここらで終わりにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>